【固設 こせつ】特許公報で見かける固設について解説!

こんにちは、特許事務所で勤務している機械系弁理士キックです。

これまでに350件以上の特許出願書類を作成してきました。

今回の記事は、

  • 固設の意味は、どこに載っている?
  • 固設の代わりの表現は?
  • 固設は特許公報でどの位使われているの?

といった疑問をもつ知財関係者(特許用語に慣れていない方)に向けて、固設について解説します。

固設の意味は「固着。固定した状態に設けること。」

固設は「特許技術用語集」に載っている

特許公報に特有の技術用語(特許用語)が多く収録されている「特許技術用語集」に、固設の意味が記載されています。

特許技術用語集によれば、固設の意味は以下のとおりです。

固設〔こせつ〕 to install securely 固着。固定した状態に設けること。

出典:特許技術用語委員会(2006年)「特許技術用語集 第3版」 日刊工業新聞社

特許技術用語集は、知財裁判で利用されている?

「固設の意味・出典は分かったけど、知財裁判で『特許技術用語集』が使われたことがあるの?」との疑問がでてくるかもしれません。

結論からいうと、特許技術用語集は知財裁判で利用されています。

以下の引用は、知財裁判の判決文における「当裁判所の判断」からです。

「当裁判所の判断」とは、原告・被告の主張ではなく、裁判所の判断が述べられている箇所です。

(3) 構成要件Dの充足性
 ア 「前記本体は前記固定具上で回動可能に支持され,」の意義
  (ア) 特許技術用語集第2版(甲4)によれば,「回動」とは「正逆方向に円運動すること」を意味し,広辞苑第6版によれば「支持」とは「①ささえること。ささえて持ちこたえること。」を意味するとされているから,特許請求の範囲の記載からは,「前記本体は前記固定具上で回動可能に支持され,」(構成要件D)とは,本体が固定具上で正逆方向に円運動可能となるようにささえられていることを意味するものと理解することができる。

出典:大阪地判平成23年3月29日 裁判所 HP 参照(平成21年(ワ)13089号)特許権侵害行為差止等請求事件

このように特許技術用語集は、知財裁判で用語の解釈に利用されたことがあります。

でも、「固設」は広辞苑などには載っていない

「固設」は、特許用語を収録している特許技術用語集には載っていますが、広辞苑などの以下の辞典には掲載されていません。

よって、「固設」は特許用語の可能性が高いといえるでしょう。

「固設」が載っていない辞典
  1. 広辞苑 第7版(2018年)
  2. 大辞林 第4版(2019年)
  3. デジタル大辞泉(2022年2月時点)
  4. 精選版 日本国語大辞典(2006年)
  5. JIS工業用語大辞典 第5版(2001年)
  6. マグローヒル科学技術用語大辞典 改訂第3版(2000年)
  7. 学術用語集 機械工学編(増訂版)(1985年)

広辞苑などの国語辞典、JIS用語辞典、マグロ-ヒル大辞典

広辞苑などの上記1~4の国語辞典、上記5のJIS工業用語大辞典、上記6のマグロ-ヒル科学技術用語大辞典は、知財裁判において、用語の解釈に利用されている代表的なものです。

そのため、これらに「固設」が掲載されているか否かを確認しました。

学術用語集

「固設」が学術用語集に掲載されているか確認した理由は、特許法施行規則に「技術用語は学術用語を用いる」と定められているからです(特施規24条様式29備考7、同24条の4様式29の2備考8)。

学術用語集には、数学編や物理学編など数多くありますが、特許用語は機械系の特許公報で使用されることが多いので、機械工学編を参照しました。

固設の代わりの表現

「固設」は特許用語の可能性が高いので、別の表現を考えてみましょう。

特許技術用語集によれば、固設の意味は「固着。固定した状態に設けること。」です。

このため、「固着」「固定」が別の表現として使えますね。

念のため「固着」「固定」の意味を広辞苑で確認してみます。

【固着】 かたくしっかりとつくこと。一定の場所に留まって移らないこと。

【固定】 一定の位置・状態にあって動かないこと。また、 動かないようにすること。

出典:広辞苑 第7版(2018年)岩波書店

上記のような意味を有する「固着」「固定」の類語としては、たとえば以下の熟語が挙げられます。

【留める】 動かないように固定する。

【押さえる】 動いたり出たりしないようにおしとどめる。

【押さえ込む】 押さえて動けないようにする。

【押さえつける】 しっかりとおさえて動けないようにする。

出典:広辞苑 第7版(2018年)岩波書店

そうすると、固設の意味から出発して、抽出された「固設」の代わりの表現は、以下のとおりです。

固設の代わりの表現
  • 固定
  • 固着
  • 留める
  • 押さえる
  • 押さえ込む
  • 押さえつける

特許・実用新案公報における固設の出現数

固設の平均出現数は、約1,800件/年(2012年~2021年)

「固設」が特許・実用新案公報にどの位記載されているか調べてみました。

固設が出現する公報数
20122,604
20132,470
20142,270
20152,246
20161,919
20171,729
20181,410
20191,295
20201,157
20211,253
特許・実用新案公報における固設の出現数(2012年-2021年)

2012年~2021年の10年間における固設の出現数は1,157件~2,604件です。

また、固設の平均出現数は約1,800件です(2012年~2021年)。

調査データの出所

「固設が出現する公報数」は、CyberPatentDeskサイバーパテント社の特許情報サービス)を用いて検索した結果です。

本文全文(特許請求の範囲/実用新案登録請求の範囲、明細書、要約書)に1回でも「固設」が出現する公報を抽出しました。

調査対象の公報

調査対象の公報は、2012年~2021年に発行された公報のうち、次の3つです。

  • 公開特許公報
  • 公表特許公報
  • 登録実用新案公報

登録公報、再公表特許は、調査対象の公報に含めていません。

調査対象に登録公報を含めていない理由

調査対象に登録公報を含めてしまうと、同一の出願について、公開・公表公報+登録公報と二重にカウントすることになり、出現数の調査にあたって好ましくないと考えたからです。

なお、公開・公表の前に登録公報が発行された出願については、後に公開公報・公表公報が発行されますので、取りこぼすことはありません。

調査対象に再公表特許を含めていない理由

再公表特許は、2022年1月から廃止されました。

このため、2021年までの出現数と、2022年以降の出現数とを比較することを考慮し、調査対象から再公表特許をはずしました。

まとめ

今回は、「固設」について解説しました。ポイントは、以下のとおりです。

ポイント
  • 固設の意味は「固着。固定した状態に設けること。」(特許技術用語集)
  • 固設の代わりの表現は、
    • 固定
    • 固着
    • 留める
    • 押さえる
    • 押さえ込む
    • 押さえつける
  • 特許・実用新案公報における固設の平均出現数は、約1,800件(2012年~2021年)

参考資料

特許技術用語集 第3版(2006年)
広辞苑 第7版(2018年)
大辞林 第4版(2019年)
JIS工業用語大辞典 第5版(2001年)
マグローヒル科学技術用語大辞典 改訂第3版(2000年)
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


弁理士ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました